« 残暑日本一 | トップページ | 気になる地震が続発 »

2010年9月 3日 (金)

人口動態統計・確定

厚生労働省は2日に、2009年(平成21年)の人口動態統計(確定数)を発表しました。

これによると、出生数から死亡数を引いた人口の自然増減数は-7万1,830人で過去最大の減少幅となりました。
内訳は、出生数が107万35人の前年比-2万1,121人、死亡数は114万1,865人の-542です。
なお、死亡数の減少は2000年(平成12年)以来とのことです。

また、1人の女性が生涯に産む子どもの数に近い推計値である合計特殊出生率は、1.37で確定し前年と同じ模様です。
これは、2005年(平成17年)の過去最低の1.26以降、3年連続で上昇していたが、ここに来て横ばい状態となっています。

コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 残暑日本一 | トップページ | 気になる地震が続発 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/49359436

この記事へのトラックバック一覧です: 人口動態統計・確定:

« 残暑日本一 | トップページ | 気になる地震が続発 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31