« 秋田新幹線・運休、再び | トップページ | マイカー離れ・加速 »

2010年7月31日 (土)

人口減少・3年ぶり

総務省の調べによりますと、2010年(平成22年)3月末時点の住民基本台帳に基づく人口が、2007年(平成19年)以来3年ぶりに減少し、前年同期に比べて-1万8,323人の1億2,705万7,860人となった様です。

これは、少子高齢化による死亡数が出生数を上回る『自然減』が3年連続で拡大し、過去最大の7万3,024人となったことが一番の要因とのことです。
死亡数は1980年(昭和55年)3月の調査開始以来最も多い114万6,105人であったのに対して、出生数は2年連続減して2006年(平成18年)に次いで過去2番目に少ない107万3,081人だったとのことです。

また、人口の自然増減は2006年(平成18年)に初めてマイナスとなり、2007年(平成19年)には一旦プラスに戻ったが、2008年(平成20年)以降はマイナスが続いている様です。

« 秋田新幹線・運休、再び | トップページ | マイカー離れ・加速 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/49025846

この記事へのトラックバック一覧です: 人口減少・3年ぶり:

« 秋田新幹線・運休、再び | トップページ | マイカー離れ・加速 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30