« ガス欠しました。 | トップページ | F1第7戦トルコグランプリ »

2010年5月30日 (日)

土地の数量概念『筆』

土地の数量概念として、わが国には『』(ひつ)が有ります。

』(ひつ)は、土地の所在(市、区、郡、町、村及び字)、地番、地目、地積、所有者によって認識される土地登記の用語であり、土地登記簿への登記の際の単位です。
また、『』(ひつ)は、豊臣秀吉が1594年に行った『太閤検地』の際に作成した検地帳へ記した単位が始まりと言われています。

ところで、島根県隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地(通称竹島)において、韓国国土海洋部は、この竹島に地番を割り振り公示地価が付けられ、その公示地価総額(2010年1月1日現在)10億898万ウォン(約7,690万円)と発表しました。
(韓国は、竹島を韓国領土と主張して韓国軍を常駐させ軍事的支配下においている。)

聯合ニュース配信

韓国でも、土地の数量概念として『』(ひつ)が使用されているのでしょうか。
それと、豊臣秀吉は、朝鮮半島に文禄・慶長の役(1592年~1598年)で出兵していることから、この概念が伝わったのでしょうか。

気になりだすと、気になるものです。

« ガス欠しました。 | トップページ | F1第7戦トルコグランプリ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/48497282

この記事へのトラックバック一覧です: 土地の数量概念『筆』:

» 登記費用 [費用]
登記費用について書きました。これからもどんどん書くので見てください [続きを読む]

« ガス欠しました。 | トップページ | F1第7戦トルコグランプリ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31