« 第一生命保険(株)・株式上場 | トップページ | エド・ロバーツ没 »

2010年4月 2日 (金)

代返でクビ

3月31日の参議院本会議において、日本放送協会平成22年度予算案などの採決の際に、隣席議員の電子投票ボタンを押したとして、自由民主党の若林正俊(75歳、長野県選挙区)議員が引責辞職する模様です。
現在の民主主義は、多数決を大原則としていることから、今回の代返は許されざる行為で、民主主義の根幹を揺るがします。
また、隣席は同じく自由民主党の青木幹雄(75歳、島根県選挙区)議員で、何故投票直前に自身の席を空けたのか不思議です。ただ、現在の政党政治は、党議拘束などにより議員個人の意思や民意は余り影響が少ないのが実情の様なので、投票行動は形式的過ぎる感も有ります。
しかも、議員定数も必要以上に多く、半分位で十分でしょう。
それにしても、この政党は問題が多過ぎます。

« 第一生命保険(株)・株式上場 | トップページ | エド・ロバーツ没 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/47974586

この記事へのトラックバック一覧です: 代返でクビ:

» 魔が差した、自民党の若林正俊元農水相が陳謝会見 [出来事は無限の果てに]
軽い気持ちでボタン押しちゃったということなんでしょうか。 いずれにせよ代理投票は責任は重大で、 国会議員としての 資質を問われる問題。 与野党揃っての批判集中というのも、 何だか笑ってしまいます。 こんなときばかり歯切れよく声高に批判されて...... [続きを読む]

« 第一生命保険(株)・株式上場 | トップページ | エド・ロバーツ没 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31