« 仕事始め | トップページ | 既に十分に寒いのですが。 »

2010年1月 4日 (月)

日本年金機構・発足

何かと話題を呼んだ社会保険庁が、2009年(平成21年)12月31日(木)を以って廃止され、2010年(平成22年)1月1日(金)から特殊法人日本年金機構(紀陸孝理事長、東京都杉並区)が発足し、本日その発足式が挙行されました。
その発足式典では、社会保険庁の問題点を追求していた長妻昭厚生労働大臣が、訓示をされた様です。因果なものです。
また、今回の組織変更に伴い、社会保険庁の職員(公務員)の内525人が『分限免職』になったとのことです。過去にこれだけの『分限免職』は無かったとのことですが、本来役割を終えた公的機関が淘汰されることは当たり前のことですから、今までが一般的な常識から逸脱していたと言えるでしょう。

« 仕事始め | トップページ | 既に十分に寒いのですが。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/47206449

この記事へのトラックバック一覧です: 日本年金機構・発足:

» 日本年金機構 給与 [1分で今すぐ読める。ニュースサイト。]
日本年金機構:発足 「信頼回復」不安と期待 訪問男性「民間でも変わらない」 59 年金不信の代名詞だった旧社会保険庁の後継組織、日本年金機構(紀陸孝理事長)の業務が4日始まった。社会保険事務所から改称した全国312の「年金事務所」は、窓口での待ち時間短縮などの具体的な指標を掲げ、国民目線のサービス徹底を目指す。 ... (続きを読む) 日本年金機構 20091230 200... [続きを読む]

« 仕事始め | トップページ | 既に十分に寒いのですが。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30