« ファストフード | トップページ | 当たり前のことを粛々と »

2009年11月30日 (月)

勤労統計調査

厚生労働省が発表した勤労統計調査(10月速報値)によると、労働者の平均賃金が17か月連続のマイナスで26万8,036円(前年同月比-1.7%)となったとのことです。
産業別では、製造業のマイナスが大きく29万6,098円(前年同月比-3.3%)、金融・保険業が36万5,712円(前年同月比-2.9%)となり、わが国の基幹産業である製造業のマイナスが景気低迷を反映していると言えるでしょう。
それと、公的セクターの俸給との比較があるともっと有意義であると思います。

« ファストフード | トップページ | 当たり前のことを粛々と »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/46901472

この記事へのトラックバック一覧です: 勤労統計調査:

« ファストフード | トップページ | 当たり前のことを粛々と »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30