« 涼し~い! | トップページ | アメリカ同時多発テロ »

2009年9月10日 (木)

交通違反の捏造?

大阪地方裁判所(吉田徹裁判長)において、携帯電話を不所持にも関らず、大阪府吹田市の住職(68歳)を検挙したとして、大阪府に免許停止の処分の取り消しと損害賠償を命じる判決が下されました。
身内の警察官の飲酒運転の呼気検査の拒否を許容しているにも関らず、一般市民に対しては確たる証拠も無く検挙する姿勢は如何なものかと思います。

※事案
 2007年11月に、大阪府警天満署員(大阪府北区)によって、運転中に携帯電話を使用したとのことで、大阪府吹田市の住職が検挙されたもの。
 この時、住職は携帯電話の提示も求められず、車内から携帯電話も発見されていない。
 また、一緒に検挙した署員は、『男性が左耳に携帯を当てているのを見た』などと証言している様だが、証言が事実ならば嘘の証言と言うことになる。

« 涼し~い! | トップページ | アメリカ同時多発テロ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/46188520

この記事へのトラックバック一覧です: 交通違反の捏造?:

« 涼し~い! | トップページ | アメリカ同時多発テロ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30