« 公務員共済にも計算ミス | トップページ | 涼しいでしょうか。 »

2009年8月28日 (金)

完全失業率・過去最悪

総務省が発表した労働力調査(速報)によると、7月の完全失業率(季節調整値)が5.7%(前月比+0.3%)となり、1953年(昭和28年)以来最悪となりました。
また、厚生労働省が発表した有効求人倍率(季節調整値)も、0.42倍(前月比-0.01ポイント)となり、3か月連続で過去最悪となった模様です。
なお、完全失業率がこれまでに一番高かったのは、2002(平成14年)の6月及び8月と、2003年(平成15年)の4月の5.5%でした。やはり、非正規雇用と言う雇用形態の進展が、今の状況を招いたと言えましょう。

« 公務員共済にも計算ミス | トップページ | 涼しいでしょうか。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/46060505

この記事へのトラックバック一覧です: 完全失業率・過去最悪:

« 公務員共済にも計算ミス | トップページ | 涼しいでしょうか。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30