« 9営業日連続の下落。 | トップページ | 地震情報(南太平洋) »

2009年7月14日 (火)

いよいよ衆議院が解散

2005年(平成17年)8月8日(月)に解散、9月11日(日)に投開票された『郵政解散』以来、ほぼ任期一杯になっている衆議院がいよいよ解散される様です。
今のところ、7月21日(火)に解散、8月11日(火)に公示、8月30日(日)に投開票という予定が組まれている様で、今回の解散から投開票までの40日間は過去最長と言うことらしいです。
因みに、8月の投開票は、帝国議会に2回あるだけで、1902年8月10日(日)以来107年ぶりとのこと。なお、日本国憲法では、解散の日から40日以内に総選挙を行うこととしている。

※日本国憲法(昭和21年11月3日公布/昭和22年5月3日施行)
 第54条 衆議院が解散されたときは、解散の日から40日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から30日以内に、国会を召集しなければならない。
 
※郵政解散(2005年(平成17年)8月8日(月)解散/2005年(平成17年)9月11日(日)投開票)
 郵政事業の民営化を推進した小泉純一郎首相が、郵政法案が参議院で否決されたことを端緒に衆議院を解散し、郵政民営化の一点を争点にして自由民主党の大勝利に導いた。この時、刺客や小泉チルドレンなどの言葉も多用された。

« 9営業日連続の下落。 | トップページ | 地震情報(南太平洋) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/45642558

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ衆議院が解散:

« 9営業日連続の下落。 | トップページ | 地震情報(南太平洋) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31