« 厚生労働省・局長逮捕 | トップページ | ブルーリボン賞・小田急ロマンスカー »

2009年6月14日 (日)

全国最年少の市長誕生

14日(日)に投票・開票された千葉県千葉市長選挙において、無所属新人の前市議・熊谷俊人氏(31歳)が初当選されました。また、政令市の市長としても史上最年少と言うことです。そもそも、この若さで議員や首長を目指すこと自体大変なことだと思いますし、自分自身のことに照らし合わせると、とても出来そうも無いです。
閉塞感の漂う現代社会において、こうした若い力が必要なのかも知れません。ロートル(老頭児)が、この若さの邪魔をしないことを強く希望いたします。

※千葉市
 面積:272.08k㎡
 人口:953,041人
 一般会計:3,570億2,400万円(374,173円/人)
 他の地方公共団体のコスト

« 厚生労働省・局長逮捕 | トップページ | ブルーリボン賞・小田急ロマンスカー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/45361102

この記事へのトラックバック一覧です: 全国最年少の市長誕生:

« 厚生労働省・局長逮捕 | トップページ | ブルーリボン賞・小田急ロマンスカー »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30