« 中学校で八百長試合 | トップページ | 夏日ふたたび »

2009年4月10日 (金)

円安傾向(?)

4月3日(金)から9日(木)まで5営業日連続で、外国為替相場TTS(電信売り相場)が100円台と少し円安傾向にある様です。貿易立国のわが国としては、輸出の競争力が高まり景気回復の足掛かりとなるのでしょうか。特に、電機関連では液晶パネルを中心に急速に在庫状況が改善している様です。ただ、前回の好景気も社会全体や一般労働者層にまで波及しなかったので今回も企業の内部留保となるのではないかとの懸念もある様です。
また、政府は事業規模約56.8兆円(財政支出約15.4兆円)の平成21年度追加経済対策を発表しましたが、旧来の手法により景気回復を狙ったものが多く国の借金(国債発行残高)を増やして終わりそうな気配です。

外国為替相場TTS(電信売り相場)…円を外貨に替えるときの相場。
外国為替相場TTB(電信買い相場)…外貨を円に替えるときの相場。

« 中学校で八百長試合 | トップページ | 夏日ふたたび »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/44633993

この記事へのトラックバック一覧です: 円安傾向(?):

« 中学校で八百長試合 | トップページ | 夏日ふたたび »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31