« カニ豆腐 | トップページ | 副大臣特権・私設秘書が雇用促進住宅入居 »

2009年4月20日 (月)

グリーン・エコ偽装

経済産業省の『省エネ大賞』を受賞した冷蔵庫が、実はその根拠となるリサイクル材を使用せずに製造されていたことが分かり、公正取引委員会がこのメーカーに景品表示法違反(優良誤認)で排除命令を出した様です。
今後、政府による『エコ・アクション・ポイント』制度の導入・推進も検討されていることから、こうした問題は大変重大なことだと思います。が、メーカーは、返品や交換は受け付けない方針とのこと。また、気候変動に関する国際連合枠組条約の京都議定書の『排出権取引』などの国内市場の創設が検討されている現状などを鑑みるとこうしたメーカーの姿勢は如何なものかと。
過去には、2001年施行の『グリーン購入法』に基づいて官公庁が調達した再生紙が、同法の基準に満たない再生紙が偽装納入されたこともあり、企業の倫理観も疑問視されます。
それにしても、比較的頻繁にこうした排除命令は出ている様です。わが国の、企業・団体のコンプライアンスや倫理観が低いのでしょうか。

« カニ豆腐 | トップページ | 副大臣特権・私設秘書が雇用促進住宅入居 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/44743895

この記事へのトラックバック一覧です: グリーン・エコ偽装:

« カニ豆腐 | トップページ | 副大臣特権・私設秘書が雇用促進住宅入居 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30