« 広東麺 | トップページ | ペデストリアンデッキからの風景 »

2009年2月27日 (金)

開局50周年特別企画ボクらの心に流れる歌

人生とかなりオーバーラップする歴史を綴る歌謡曲番組tv。私にとっては、1978年(昭和53年)は特に大きな転機。そして、良き時代の始まりだった。故に、昭和50年代から平成初頭の楽曲cdには、今も心の琴線に触れるものが多い。それに、当時の楽曲の方がメロディーラインがきれいだと思う。そして、今の時期から春にかけては、『春一番』(1976年(昭和51年)3月リリース)などを聞くと心の底からワクワクするものを今も覚える。当然、当時は世の中に対しても期待感やワクワク感がある。また、『My Revolution』(1986年(昭和61年)1月リリース、作曲:小室哲哉)などは勇気が持てる様な気もした。しかし、残念ながら最近はこの様な期待感やワクワク感が全く湧いて来ない。それにしても、この番組も4時間半近くの時間枠だが、最近長時間の歌謡曲番組tvが多いと思う。

コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

« 広東麺 | トップページ | ペデストリアンデッキからの風景 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/44193613

この記事へのトラックバック一覧です: 開局50周年特別企画ボクらの心に流れる歌:

« 広東麺 | トップページ | ペデストリアンデッキからの風景 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31