« 新潟総おどり | トップページ | 敬老の日 »

2008年9月15日 (月)

F1決勝・最年少で優勝

15日(月)未明に開催された2008年F1第14戦イタリアGP(時差8時間)motorsportsにおいて、イタリアのスクーデリア・トロロッソチーム(TORO ROSSO)のセバスチャン・ヴェッテル(Sebastian Vettel)が史上最年少の21歳73日で初優勝した。前日の予選と決勝ともに雨となったことが弱小チームにも有利となった様だが、凄い快挙。ちなみに、このチームの前身はミナルディで1勝もしていない。
※イタリアGP:アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(1周5.793km)を53周。
※F1のルーツは、1900年にフランスで行われた国際レース・Gordon Bennet trophy raceと言われている。現在のようなF1 World Championshipと言う形式になったのは、FIA(Federation Internationale del' Automobile)が1948年に F1と言うカテゴリーを規定して、1950年にイギリスのシルバーストーンサーキットで 行われたグランプリ(Grand Prix略してGP)からである。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽
酒蔵(さけぐら).com

« 新潟総おどり | トップページ | 敬老の日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504292/42485038

この記事へのトラックバック一覧です: F1決勝・最年少で優勝:

« 新潟総おどり | トップページ | 敬老の日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31