2019年11月15日 (金)

冬用タイヤ準備完了!

豪雪地の当地には欠かせない冬用タイヤ

今日、今シーズンの冬用タイヤへの履き替えをしました。

今年は、夏用タイヤを新しく履き替えたので出来るだけスタッドレスタイヤ(BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2)を温存する為に、もう少し夏用タイヤ(YOKOHAMA BluEarth-GT AE51)を履いていたかったのですが、一昨日位から北海道地方では大雪とのことですので、昨年よりも約一週間ほど早い様ですが、今日、夏用タイヤ(YOKOHAMA BluEarth-GT AE51)からスタッドレスタイヤ(BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2)に履き替えることにしました。
(スタッドレスタイヤ、高いんですよねぇ。当地は、夏用と冬用の二種類のタイヤが必要なので生活費が大変!)

約4か月間位は、このスタッドレスタイヤ(BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2)にお世話になります。
(そして、暗く辛い冬の始まりです。)

・YOKOHAMA BluEarth-GT AE51
     ↓
・BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2

2019年11月11日 (月)

電池の日。

今日は、電池の日です。

11月11日を漢字で縦書きすると±月±日となり、(プラス)(マイナス)を組み合わせた様な漢字になるからとのこと。

日本語は、本当に面白いです。

因みに、電池の日は、1986年(昭和61年)11月11日(火)に制定されました。

それと、今年は電池に関係するノーベル化学賞の受賞があり、特別な日になりました。
(『リチウムイオン電池の開発』に係る旭化成の吉野彰氏が受賞されました。)

2019年11月10日 (日)

祝賀御列の儀。

祝賀御列の儀

本日、祝賀御列の儀が、皇居(東京都千代田区)から赤坂御所までの約4.7㎞において、恙なく行われた模様です。
(所謂、天皇の即位祝賀パレードですが、本日滞りなく行われました。)

沿道には、約11万9,000人(内閣府発表)が詰め掛けて祝福し、約30分間に亘って天皇・皇后両陛下がオープンカーでパレードをされました。

この祝賀御列の儀(即位祝賀パレード)は、当初、10月22日(火)に実施される予定でしたが、台風19号の被害の影響に拠り、本日に延期となっていました。

当地方は、既に冬天候の為に太平洋側の様な快晴と言った天気にはなりませんでしたが、そこそこ天気は良かったです。

10月22日(火)の即位礼正殿の儀も、東京地方は儀式の時だけ天気に恵まれると言った神話めいたこともあった様です。

こうした儀式は、受け継がれるものであれば、長く続いて欲しいと強く思います。

なぜならば、世界の幾つかの国(国家)では、そうした儀式を引き継ぐことが出来ない体制になっているところが数多くあるからです。
(伝統は一度でも途切れたら、そこからが始まり(起源)。長い伝統は本当に難しい。)

2019年11月 9日 (土)

ベルリンの壁崩壊から30年。

東西冷戦時代にあったべルリンの壁が崩壊してから、30年が経ちました。

第二次世界大戦後に、東西に分断されたドイツ国
そして、東西冷戦により、1961年8月13日から建設された東ドイツ国内の飛び地の様な西ベルリンとの壁。

東ドイツが経済的に破綻して東西を分断していた壁が崩壊し、統一ドイツの誕生となりました。
(ドイツ民主共和国(東ドイツ)が消滅して、ドイツ連邦共和国(西ドイツ)に加盟。)

これは、我が国の平成の時代と丁度重なります。

  • 1961年(S36年)08月13日:ベルリンの壁建設開始
  • 1989年(H01年)01月08日:平成の始まり
  • 1989年(H01年)11月09日:ベルリンの壁崩壊
  • 1989年(H01年)11月10日:ベルリンの壁撤去開始
  • 2019年(H31年)04月30日:平成の終わり(30年4か月)
  • 2019年(R01年)11月09日:ベルリンの壁崩壊から30年

2019年11月 5日 (火)

この冬、初冠雪。

11月5日(火)の朝は、県内は冷え込んだ様で、頸城三山では初冠雪が見られた様です。
(妙高市関山では、最低気温が4.5℃とのこと。)

頸城三山妙高山(標高2,454m)、火打山(標高2,462m)及び焼山(標高2,000m)では、それぞれ雪化粧したとのことです。

これは、昨年の10月21日の初冠雪よりも15日遅いです。
(初冠雪が遅いからといって、少雪とは限りません!!油断禁物!!)

いよいよ冬支度が必要な様です。

また、桜の名所の上越市高田公園では、植栽の雪囲いも行われた様です。
(そろッと、自家用車の冬用タイヤの装着も必要かも。)

2019年11月 4日 (月)

熊、出没!

新潟県内では、の出没に拠る交通事故が続きました。

まず、11月3日(日)23時頃に北陸自動車道下り線(糸魚川市内鬼伏トンネルと太平寺トンネルの間)で、普通乗用車の衝突事故が発生しました。
衝突したは、体長1.3m程度とのことです。

次に、11月4日(月)2時40分頃に関越自動車道上り線(魚沼市七日市)で、やはり普通乗用車の衝突事故が発生しました。
衝突したは、体長1.2m程度とのことです。

幸い、いずれの交通事故も、車輌の被害はあったもののケガ人が無かった様ですので、不幸中の幸いと言ったところです。

今年は、この事故のみならず、住宅地へのの出没や畑などへのの出没があり、例年よりもの出没が多い様に感じます。
(熊が増え過ぎていますかね~ぇ。適正な駆除が必要かも。。。)

2019年11月 1日 (金)

今年も、あと2か月。

今年も、あと2か月。

年齢と共に時間の経つのが速くなるなぁ。
(あと何回お正月を迎えられるのだろう。あと何回お雑煮を食べることが出来るだろう)

残念ながら、今年も少年老い易く学成り難しだなぁ。
(今年は、本当に何も出来なかった、何もしなかったなぁ。)

2019年10月27日 (日)

お笑い芸人脱税上に、社会保険にも未加入。

国税局から所得の申告漏れ所得隠しが指摘され、財産差押えなどの問題を引き起こしているお笑い芸人

相当に悪質な様で、重加算税無申告加算税の他に、社会保険にも未加入との発表が。

こうなると、単にルーズだとか想像を絶するだらしなさなどと言う状況ではなく、そもそも公租公課から逃れたい一心だった様に思えます。

やはり、お笑い芸人は貧乏などと言うのは演出なんでしょうか。

    発覚した公租公課逃れ
  • 2009年(H21年):株式会社チューリップ設立
  • 2010年(H22年)3月期~2012年(H24年)3月期:税務申告無し→所轄税務署の指摘により2012年(H24年)6月25に申告。
  • 2013年(H25年)3月期~2015年(H27年)3月期:税務申告無し→所轄税務署の指摘により2015年(H27年)7月23日に申告。
  • 2016年(H28年)6月:預金差押え。
  • 2018年(H30年)9月:国税局の税務調査。
    • 2012年(H24年)3月期~2015年(H27年)3月期:計上経費否認→修正申告
    • 2016年(H28年)3月期~2018年(H30年)3月期:確定申告
  • 2009年(H21年)の法人設立以来社会保険未加入

2019年10月23日 (水)

お笑い芸人脱税、しかも悪質!

お笑い芸人脱税が発覚しました。

しかも、今回が初めてではない様で、相当に悪質な様です。
(笑うに笑えないネタです、ホンマに!!)

今年は、お笑い芸人の不祥事が大きく取り立たされます。

6月には、所謂闇営業問題が発覚していました。

その時は、所属する芸能会社の対応が悪いとの論調が強かったのですが、結局は、やはりお笑い芸人の問題の様に強く思います。
(所謂、あぶく銭を稼ぐ輩、干されて当然!!)

昔、この問題で顕著になっている芸能会社は、安月給で有名(敢えてその様な演出)でしたが、そうでも無い様ですね、今回の件から思うに。

昔は、良くお笑い芸人が安月給をネタにしていましたが。

新潟県中越地震から、15年。

2004年(平成16年)10月23日(土)17時56分頃に、新潟県中越地方(北緯37.17°、東経138.52°)を震源(深さ約13㎞)としたマグニチュード(M)6.7、最大震度7新潟県中越地震から15年が経ちました。

新潟県中越地震では、上越新幹線の『とき325号』が国内の新幹線の営業運転中の初めての脱線事故を招きました。

また、道路も寸断され、崩落した土砂の中(新潟県長岡市妙見町内の県道)から、2歳の男の子が救助されたこと(2004年(平成16年)10月27日(水)14時38分頃)は大変な感動を覚えました。

強い余震(震度6弱)が続く中、わざわざ、東京から救助に駆け付けていただいた(10月27日(水)4時50分頃に東京を出発)東京消防庁のハイパーレスキュー隊の活躍には、固唾を飲んで見守ったことを今でも覚えています。

それと、初めて連絡・通信手段が混乱している事態にも遭遇しました。

しかし、やはり平常心を忘れてはいけませんでした。

冷静に判断する能力を欠いた選択肢は、その後、途轍もない試練を与えました。
(この途轍もない試練は長期間続き、現在に至っています。)

2004年(平成16年)10月
SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223*
24252627*282930
31

«即位礼正殿の儀。

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30