2019年5月12日 (日)

タイヤを履き換えました。

TOYOTA VitzTOYOTA Vitz 中々自家用車を更新出来ないので、取り敢えずは夏用タイヤを新しくしました。
(だいぶタイヤが摩耗し、外径が小さくなり燃費にも悪い。)

以前に履いていたタイヤは、BRIDGESTONE REGNO ER33と言う銘柄でしたが、今回は価格などを考えて、YOKOHAMA BluEarth-GT AE51になりました。

ただ、このメーカーには、思い出があります。

私のカーライフの始まりの自家用車のタイヤです。

当時は、YOKOHAMA ADVAN HFと言う銘柄を履いていました。

その後は、BRIDGESTONEが多かったのですが、新車購入時にYOKOHAMA ADVAN Aが着いていたこともありました。

それ以来ですから、やはり数十年ぶりですね。

それと、今回も購入費用を考慮して安い所にしました。
(ただ、今回はあんまり安くありませんでした。車齢が高いからトーヨーとかダンロップでも良かったのだが。)

2019年5月10日 (金)

宮崎県で強い地震発生。

午前8時48分頃に、宮崎県地方で比較的強い地震が発生しました。

震源は、日向灘(北緯31.8°,東経132.1°)で震源の深さは約20㎞、マグニチュード(M)6.3、最大震度は5弱です。

宮崎県と高知県では若干海面変動はあったものの、津波の発生は無かった様です。

因みに、今回の震源地は、南海トラフ地震の想定震源域内ですが、気象庁は直ちに巨大地震につながるものではないとの見解を発表しています。

  • 震度5弱:宮崎県宮崎市、都城市
  • 震度4:宮崎県日南市、他
        熊本県熊本市南区、宇土市、他
        大分県竹田市、他
        鹿児島県鹿児島市、他

モバイルPC、到着。

モバイルPCを購入しました。

そもそもPCの購入は、久方ぶりなのですが、しかもモバイルタイプ恐らくは数十年ぶりでしょうか。
(これで、当分は睡眠時間が減ってしまいそうです。)

以前に使用していたモバイルタイプは、所謂B5サイズでHDD(Hard Disk Drive)仕様。

このHDDが良く壊れたので、モバイルタイプには少し懲りていたので、本当に久方ぶりです。
(スタイリッシュではあったのですが。)

今度のモバイルタイプは、SSD(Solid State Drive)なので以前の様には故障しないと思い買ってみました。

それにしても、価格は以前の五分の一で、薄くて軽い。

まぁ、日本国製造では無いのですが。。。
(台湾のメーカー製で、中国製造品です(^^;。)

2019年5月 8日 (水)

TOYOTA Vitz、チョこっと保守。

TOYOTA VitzTOYOTA Vitz 好きが高じて始まった私の人生。

以前は、自家用車の保守には時間と手間暇、それにお金を掛けていましたが、今は経済的な面から若干疎かになっていました。

しかし、僅かながらの余裕が出来たので、本の少しだけ手間暇とお金を掛けてみました。
(とは言え、今後の生活を考えると余裕は無く、無駄遣いは出来ない!)

今日は、エンジンオイルと燃料を改善するものを添加してみました。

メーカーの謳い文句では、オイル添加剤は液体チタン有機モリブデンにより潤滑性能を向上させ、燃料添加剤はエンジン内部を洗浄し又燃料の流れをスムーズにするとのこと。

走行距離は少ないものの、車齢が高いことから、ちょっとでも長持ちさせる為の施工が必要です。
(因みにオイル添加剤と燃料添加剤はホームセンターで購入しました。カーショップ拠りも安かったからです。)

2019年5月 6日 (月)

超ゴールデンウィーク、終了。

超ゴールデンウィークも終わりの様です。

完全週休二日制の方は4月27日(土)から10連休、週休一日制でも国民の祝日に関する法律どおりに休める方は9連休と言う超豪華な連休も今日で終わりです。
(社会人一年生の頃に勤めた会社は如何だったろうか。その後に勤務した組織は恐らくは10連休だったろうなぁ。)

私達の様な、下級国民はその恩恵には与ることはありません。
(14年前に人生のレールから外れてしまい、7年半前からは下級国民。)

それにしても、この様な超豪華な連休は、もう無いだろうなぁ。
(残念、残念至極!遺憾千万!)


2019年(平成31年)4月下旬~(令和元年)5月上旬
SunMonTueWedThuFriSat
-平成31年4月(APRIL)-
21
 
22
 
23
 
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
昭和の日
30
退位の日
1
即位の日
2
国民の祝日
3
憲法記念日
4
みどりの日
5
こどもの日
6
振替休日
-令和元年5月(MAY)-

2019年5月 5日 (日)

新潟県のこどもの数は過去最低。

新潟県は、こどもの数(15歳未満)は、256,784人(- 5,884人)と発表しました。

新潟県に拠ると、こどもの数(15歳未満)を発表し始めた昭和56年(1981年)から38年連続で低下し、今年も過去最低とのことです。
(昭和56年のこどもの数が548,059人でしたので、今はその半分以下でしょうか。)

因みに、男女別では、男の子が131,787人、女の子が124,997人となっており、性比は105.4とのことです。
(特に、女の子の減少が目立っており性比が大きくなりつつあります。これは、将来の深刻な嫁不足に繋がる恐れがあります。)

更に、どの年代も人口が2万人未満であり、昨年の出生者数は14,665人(前年比-493人)と過去最低の様です。

子どもの人口、38年連続減(最少更新)。

総務省は、こどもの日に因んで、平成31年4月1日現在の子どもの数を発表しました。

この発表に拠りますと、平成31年4月1日現在の子どもの数は1,533万人で、これは総人口に占める割合が12.1%になるとのことです。

男女別では、男子が785万人、女子が748万人と人口性比は105.0となっています。

なお、子どもの数の減少は昭和57年(1982年)から38年連続の減少、子どもの割合は昭和50年(1975年)から45年連続の減少とのことです。

また、子どもの割合は諸外国と比べると、最も低い状況となっています。

2019年5月 4日 (土)

今日は、快晴。

今日、関東甲信地方では大気の状況がとても不安定になり、午後に激しいが降ったとのことです。

今日は、真冬の逆のパターンですね。当地は、ほぼ快晴

ただ、上空5,500m付近では、-20℃と言う3月並みの寒気が流れ込んでおり、比較的涼しかったです。
(冬季は暖冬だったとは思うけど、4月は昨年より寒かったと思う。)

面白いのは、気象については、関東甲信地方新潟県となります。もの凄く気候が違うんですね。
普段は、関東甲信越地方と呼ばれてはいるんですが。

2019年5月 1日 (水)

今日から、令和。

今日から、令和の時代が始まりました。

明仁平成天皇の御退位に拠り始まった令和
本日、徳仁天皇が直ちに御即位され、新しい時代の幕開きとなりました。

明治以降は一世一元の制に基づいて天皇陛下が御在位中は一元号と言う制度でありますが、天皇陛下が生前御退位されるのは、645年に行われた皇極天皇から孝徳天皇への譲位が最初とされ、過去には57回あった様です。
(今回の御退位は、天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づきます。)

なお、前回は1817年(江戸時代・文化14年)の光格天皇とのことで、約202年ぶりの様です。

いずれにしても、また平和な時代であって欲しいと強く思います

  • 明治(244番目):1868年1月25日~1912年7月30日(火)
  • 大正(245番目):1912年7月30日(火)~1926年12月25日(土)
  • 昭和(246番目):1926年12月25日(土)~1989年1月7日(土)
  • 平成(247番目):1989年1月8日(日)~2019年4月30日(火)
  • 令和(248番目):2019年5月1日(水)~

2019年4月30日 (火)

今日で、平成が終わりました。

今日で、平成の時代が終わりました。

昭和天皇の崩御に始まった平成
(私にとっては、前半の15年間は人生の栄華を謳歌していました。ただ、後半の16年間は散々な人生となりましたが。)

明治以降は一世一元の制に基づいて天皇陛下が御在位中は一元号と言う制度で、この度、明仁今上天皇が御退位されることとなり、明日からは令和の時代になります。

  • 明治(244番目):1868年1月25日~1912年7月30日(火)
  • 大正(245番目):1912年7月30日(火)~1926年12月25日(土)
  • 昭和(246番目):1926年12月25日(土)~1989年1月7日(土)
  • 平成(247番目):1989年1月8日(日)~2019年4月30日(火)
  • 令和(248番目):2019年5月1日(水)~

«私の人生、平成編。

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31