2018年8月17日 (金)

グッと過ごしやすく。

昨日は、嵐の様な一日でしたが、そのせいか今日はグッと過ごしやすくなりました。

今日の最低気温19℃台、最高気温24℃台と過ごしやすいです。

因みに、昨日の最低気温21℃台、最高気温27℃台で、平均気温23℃台でした。

この様な陽気は、7月7日(土)の最低気温20℃台、最高気温25℃台、平均気温22℃台以来です。

こうした過ごしやすい時期が続くと良いですね。
近年は、夏は猛烈に暑くsunsun、冬は従来よりも多目の降雪snowsnowと寒さ。

参りますdowndown

2018年8月16日 (木)

一気に気温下がりました。

午後から、一気に気温が下がりました。

冷房は要りません。

それにしても、今日は忙しい天気だったなぁ。
大雨rainrain、曇cloud、チョコッと晴れ間sunと思ったら土砂降りrainrainrain。続いて、蒸し暑かったり、グッと気温が下がったりと。

2018年8月15日 (水)

今日は疲れたぁ。

今日は、当地方ではお盆ですが、現在の仕事柄から勤務です。

人様がお休みの時の仕事は、通勤が楽です。

しかし、今日は飛んでも無く忙しい一日となっちゃいました。

疲れたぁ。

でも、今日は良いニュースtvに触れることが出来て良かったです。
小さな命が助かった様です。
(この歳になると、小さな子供を見るのは元気の源。)

2018年8月14日 (火)

林道で、殺人事件?

新潟県十日町市伊達の林道で、8月11日(土)に、新潟市中央区沼垂東の谷愛美さん(24歳)が背中に刃物が刺さったまま一部白骨化した状態で発見されました。

新潟県警に拠ると、谷愛美さん(24歳)は8月1日(水)に自宅から軽自動車で外出したものの帰らない為、谷愛美さん(24歳)の父親が8月4日(土)の夜に新潟県警新潟警察署に行方不明届を出していたとのことです。

因みに、谷愛美さん(24歳)は、所謂シングルマザーで子育てをしながらアルバイトをしていたとのことです。

当地は、この様な凶悪事件は非常に少ない地域なのですが、最近は如何も違う様ですね。残念です。

2018年8月12日 (日)

JAL123便墜落事故から33年。

1985年(昭和60年)8月12日(月)の18時56分頃に発生した、JAL123便airplane墜落事故から33年が経ちました。

当時は、既に夏季休暇に入っていましたから、恐らくは帰省して、この悲報tvに接したのでしょうか。
とても早いものですね、既にもう詳細な記憶がありません。
(当日は、帰省の為の移動中だったかなぁ、それとも既に実家に帰省していたかなぁ。)

まぁ、私の生活も、大きく変わっており、当時とは比べものにならない悲惨な生活ですが。
(とても残念です。。。)

それと、今年はやはり群馬県で航空機の事故(防災ヘリの墜落)が発生してしまいました。
とても残念です。

2018年8月10日 (金)

群馬県防災ヘリ、墜落。

群馬県の防災ヘリコプター『はるな』が、群馬県吾妻郡中之条町の横手山(標高2,305m)の東山麓に墜落した様です。

搭乗員の一刻も早い救助が待たれるところです。

ところで、防災に係る事故が最近増えている様に思います。機材の適切な更新が進んでいないのでしょうか。

我が国においては、近年、異常気象などの救助・復旧が必要となる事態が増加している様に思われ、少し心配です。

やはり、機材(正面装備)は信頼性の高い最新鋭のものへの更新が必要だと強く思います。

    記憶に残るヘリコプター事故
  1. 2018年8月10日(金):群馬県防災ヘリ『はるな』(JA200G):ベル・ヘリコプター(Bell Helicopter Textron)412EP
  2. 2018年2月5日(月):陸上自衛隊(74502号機):マクドネル・ダグラス(McDonnell Douglas)AH64D:佐賀県神埼市で試験飛行中
  3. 2017年3月5日(日):長野県防災ヘリ『アルプス』(JA97NA):ベル・ヘリコプター(Bell Helicopter Textron)412EP:長野県鉢伏山(標高1,929m)で訓練中
  4. 2010年7月25日(日):埼玉県防災ヘリ『あらかわ1号』(JA31TM):ユーロコプター(Eurocopter)AS365N3:埼玉県滝川上流で救助中
  5. 2009年9月11日(金):岐阜県防災ヘリ『若鮎Ⅱ号機』(JA96GF):ベル・ヘリコプター(Bell Helicopter Textron)412EP:岐阜県奥穂高岳で救助中

2018年8月 9日 (木)

人類初のプルトニウム型原爆投下から73年。

1945年(昭和20年)8月6日の広島市に投下された人類初のウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』の投下に続いて、1945年(昭和20年)8月9日に長崎市に、戦争における人類初のプルトニウム型原子力爆弾ファットマン』が投下されてから73年を迎えました。

戦時下とは言え、普通に考えれば、戦争実績のある爆弾を再度投下することは、戦果を考えれば、止むを得ず納得は出来ますが、敢えて異なる爆弾を投下したと言うことは、これは実験にほかなりません。
(広島に原子力爆弾を投下したアメリカのB-29(エノラ・ゲイ(Enola Gay))は有名ですが、長崎に原子力爆弾を投下したのはアメリカのB-29(ボックスカー(Bockscar))です。)

戦時下とは言え、悲惨な実験を行うとは。。。

我が国の、第二次世界大戦中の行為を批判する意見がありますが、戦敗国とは言え、そこまでされても良かった状況だったのでしょうか。
(特に、民主主義を達成していない国々に、色々と言われるのは、中々承服しがたいですなぁ。)

近年、ハル・ノート(Hull note)の存在が注目される様になり、日本が一方的に開戦した訳で無いとの研究も有る様です。

2018年8月 8日 (水)

Laforetに続いて、今度はALTA。

2年半ほど前に、当地域では少し有名だったLaforet原宿が閉店してしまいましたが、今度は新潟ALTAが閉店する様です。

新潟ALTAが閉店するのは、来年の3月とのことですが。

益々、寂れて行く感が強くなります。
(因みに、Laforet原宿の跡は、区役所になりました。当地は、何でもかんでも公頼り!情けない。)

2018年8月 7日 (火)

空気感は、秋?

日中の酷暑sunsun蒸し暑さは、まだ真夏sunsunですが、ふとした風には、秋を感じます。

少し前の様な、熱風感はありません。

季節の移り変わりは確実にやって来そうです。

しかし、気力は充実しない、夏バテでしょうか。

2018年8月 6日 (月)

人類初の原爆投下から73年。

1945年(昭和20年)8月6日の、戦争における人類初のウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』の投下から73年を迎えました。

このウラニウム型原子力爆弾リトルボーイ』は、73年前の8時15分頃に広島市の相生橋付近上空約600mで核分裂爆発し、多大な被害を齎しました。

2005年(平成17年)から2006年(平成18年)の約1年7か月ほど、広島県に住み働いていた時に、何度が、現場付近を散策しました。
(未だに、その痕跡があり、とても切なかったです。)

そして、アジアの一部では、歴史修正主義者による試みや、新たな原子力爆弾の製造の試みが散見されます。
(『完全かつ最終的に解決』された賠償問題や『最終かつ不可逆的に解決』された慰安婦問題の掘り起しや廃棄と言いつつ新たに製造するなどは、争いを好んでいるとしか思えない。)

更には、今年は広島県を中心として大雨rainrainに拠る大きな災害がまた発生しました。

早期の復興を祈念します。

«今度は、東北地方で大雨。

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31