2017年10月14日 (土)

霧島連山・新燃岳、再噴火。

宮崎県と鹿児島県に跨る霧島連山新燃岳(標高1,421m)が再噴火し、その噴煙が約2,300m上空まで立ち上ったとのことです。

これだけ噴煙が上がると、気象への影響が懸念されます。
(当地方とは違い、まだ稲などは刈られずに田んぼに植わっているんですね。)

それに噴火警戒レベル3(入山規制)

まぁ、御嶽山噴火に拠る災害を考えれば、対応としては相当なのでしょう。
(まぁ、人工飛翔体よりは遥かに良いとは思いますが。。。)

2017年10月13日 (金)

混沌として来ました。

ボロ勝ちしそうだった、新しい烏合の衆

どうも風向きが大きく変わった様です。

それにしても、節操が無い元議員。

まぁ、それを選んでいる民衆もなのですが。。。

2017年10月12日 (木)

国力が落ちているなぁ。

(株)神戸製鋼所(神戸市中央区脇浜海岸通2)が、アルミニウム(Al)製品の性能データを改ざんしていた問題で、(株)神戸製鋼所(神戸市中央区脇浜海岸通2)の川崎博也会長兼社長が、経済産業省に経緯を報告したとのことです。

近年、似た様な話が製造業に多いですね。

これでは、わが国の国力が削がれてしまいます

わが国は資源小国、面積も狭い為、国力の源泉は技術や人材。

このままでは、彼の国の様に、世界に埋没し兼ねません。

とても残念です。

2017年10月 8日 (日)

彌彦神社、参拝。

彌彦神社・拝殿彌彦神社・大鳥居 久方ぶりに、彌彦神社に参拝しました。

最近、つくづく思うことがあり、今日は天気sunも良かったので彌彦神社に参拝しました。

でも、やはり、連休初日、とても混雑rvcarしていました。
それにしても、彌彦神社は有名なんですねぇ。『富士山』、『秋田』、『尾張小牧』、『富山』ナンバーなどの車rvcarや観光バスbusにすれ違いました。
(やはり、他県ナンバー車は、道が不案内の為、右往左往。)

2017年10月 1日 (日)

珍しい(?)日本酒。

柳都白川郷 左側の日本酒bottleは当地のものです。そんなには有名では無いとは思います。

右側の日本酒bottleは、名前から岐阜県飛騨地方のものと思います。

近所のスーパーマーケットで、安売りしていたので買ってみました。
(珍しいもの好きなので。。。)

酒飲みbottleでは無いので、利き酒は出来ませんが、日本酒bottleの香りはとても良いなぁといつも思います。

クロックス オンラインショップ

ノートPCなら
HP Directplus オンラインストア
 
コンピュータセキュリティの確保には
シマンテックストア

2017年9月30日 (土)

野党第一党分裂、でも政党交付金はそのまま。

9月28日(木)に解散された衆議院

ここで、また、可笑しなことが野党に発生している模様です。

どうも野党第一党に所属のままでは当選出来そうもないとの思いから、新しく出来た人気のある政党に候補予定者が流れ込んでいる様ですが、前野党第一党は解党しないとのこと。
(一時は、政権を担っていたのに!!)

どうも、政党交付金がらみの様です。

この政党交付金の交付要件の一つに、その年の1月1日に他の要件を満たした政党として存在しなければならない為、この度のブームに拠る新しい政党はそれには該当しませんが、潰れそうでもその基準日要件を満たしている政党は交付要件を満たしていることとなります。

日ごろ、他人(与党)には厳しく糾弾するのに、わが身になると頬かむり。

保育園落ちた。日本死ね。』⇒『不倫バレた。日本死ね。』と同じ構図。

2017年9月29日 (金)

今日は、更に冷えたなぁ。

今日は、更に冷えました

最低気温が、11.8℃となりました。まぁ、一応は2桁の最低気温ではありますが。

この一週間で、もの凄く季節が進んでいる様です。
(今年は、季節をこのまま留まらせたいなぁ。)

2017年9月28日 (木)

衆議院、解散

衆議院・勢力図 本日、衆議院が解散されました。

10月10日(火)に公示され、10月22日(日)に投開票される見込みです。

今日は、少し寒かった。

昨日までは暖かかったのですが、急に気温が下がりました。
(最高気温:21℃最低気温:13.7℃)

しかも、冷たい雨rainまで降っちゃって。

ボチボチ寒い時期snowの始まりでしょうか。
(この冬は、訳有って寒くならないで欲しいなぁ。)

2017年9月27日 (水)

御嶽山噴火から、3年。

平成26年(2014年)9月27日(土)の、長野県と岐阜県に跨る御嶽山fuji(標高3,067m)の大噴火から3年が経ちました。

当日は、ニュースtvなどで、噴煙がモクモクと上がる様子を見て驚いたものです。
(1979年(昭和54年)10月28日には、大規模な噴火があり、広範囲に降灰現象が見られました。)

そう言えば、大きな火山災害のこうした映像tvを見るのは、平成3年(1991年)6月3日の雲仙普賢岳fuji(標高1,359m)の火砕流発生以来でしょうか。

当時は、火砕流の恐さを知らずに、やはりモクモクと上がる噴煙と火山を下る火砕流を何気なく見ていたものです。

しかし、いずれの場合も大惨事に。

知らないと言うことは、大変恐ろしいことです。
(当初は、そのモクモクと上がる噴煙は単に凄いなぁ位しか感じていなかった。)

«新潟酒祭2017

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31