2018年5月20日 (日)

忘れちゃいけないネ。

忘れちゃいけないネ、とっても大切な日

1977年(昭和52)からは、41年になるのかぁ。早いなぁ。
(牡牛座(Taurustaurus))

2018年5月17日 (木)

西城秀樹さん、ご逝去。

歌手の西城秀樹さんが、ご逝去されました。

ご冥福を祈りたいと思います。

私たちの世代としては、子どもの頃から青春時代に活躍された歌手との印象が強いです。

ただ、ご結婚が遅かったので、まだ小さなお子様のいらっしゃる様で、無念でしょうね。

2018年5月 8日 (火)

JR越後線で人身事故。

新潟県警の発表に拠ると、7日(月)の午後10時30分頃に新潟県新潟市西区青山水道のJR越後線(単線)の線路内(青山駅-小針駅)で新発田発内野行き普通電車trainに小学生女児が跳ねられたと発表しました。

なお、新潟県警では、この事故に事件性もあると判断している模様です。

G.W.が終わったばかりで、本格的に学校schoolも始まったばかりで、とても気の毒です。

2018年5月 7日 (月)

またもや、駐車場に。しかも見覚えのある。。。

当地方には、非情に駐車場parkingが多いのですが、またもや駐車場parkingが増えていました。

以前は、ビジネスホテルhotelがあったところですが、倒産・廃業の為に荒れていた所が解体されて駐車場parkingになっていました。

しかも、とても見覚えのある駐車場parkingに。

この地は、ホテルhotelも多く儲からないdollarのでしょうかsign02

2018年5月 6日 (日)

五頭連峰で遭難?

新潟県警は、新潟県阿賀野市の五頭連峰の赤安山(標高582m)と扇山(標高524m)で、新潟市北区早通南3の渋谷甲哉さん(37歳)と長男の空君(6歳)が遭難した模様だと発表しました。

新潟県警に拠ると、二人は5日(土)に下山予定だったのに戻らない為、家族から届け出があったとのことです。

なお、家族からの報告では、5日(土)に下山予定だったものの道に迷った為当日の午後4時頃にはビバークするとの連絡が、その翌日の朝には下山するとの電話連絡mobilephoneがあったとのことです。

2018年5月 5日 (土)

新潟県のこどもの数は過去最低。

新潟県は、こどもの数(15歳未満)は、262,668人(- 4,778人)と発表しました。

新潟県に拠ると、こどもの数(15歳未満)を発表し始めた昭和56年(1981年)から37年連続で低下し、今年も過去最低とのことです。
(昭和56年のこどもの数が548,059人でしたので、今はその半分以下でしょうか。)

因みに、男女別では、男の子が134,875人、女の子が127,793人となっており、性比は105.5とのことです。
(特に、女の子の減少が目立っており性比が大きくなりつつあります。これは、将来の深刻な嫁不足に繋がる恐れがあります。)

更に、どの年代も人口が2万人未満であり、昨年の出生者数は15,158人(前年比-893人)と過去最低の様です。

2018年5月 4日 (金)

田中角榮、生誕100年。

1918年(大正7年)5月4日に、当地としては最初で最後(?)の宰相田中角榮氏が生誕されました。

今日は、その生誕から100年に当たりまして、生誕地の新潟県刈羽郡二田村(現新潟県柏崎市西山町)では生誕100年を記念して、長女真紀子氏を招いて記念式典が挙行されました。

良くも悪くも、当地には多大な影響を齎しました。

なお、田中角榮氏は、晩年には病気を患い、1993年(平成5)12月16日に、75歳で亡くなっています。(この頃は、時代もまだ余裕があったし、私自身もソコソコの生活を送って居ました。翌年には、転職していましたしネ。)

子どもの人口、37年連続減(最少更新)。

総務省は、こどもの日に因んで、平成30年4月1日現在の子どもの数を発表しました。

この発表に拠りますと、平成30年4月1日現在の子どもの数は1,553万人で、これは総人口に占める割合が12.3%になるとのことです。

男女別では、男子が795万人、女子が758万人と人口性比は104.9となっています。

なお、子どもの数の減少は昭和57年(1982年)から37年連続の減少、子どもの割合は昭和50年(1975年)から44年連続の減少とのことです。

また、子どもの割合は諸外国と比べると、最も低い状況となっています。

2018年5月 2日 (水)

残念だったなぁ。

アイドルグループでも異彩を放っていたTOKIO

とても、残念なことに。

過去には、このブログpcでも何度か掲載していたんですよねぇ。

Be ambitious!cdと『宙船cd』は、素晴らしい楽曲だと思っていたけど。。。

2018年4月30日 (月)

『平成』も、あと1年。

1989年1月8日(日)から始まった『平成』。

昭和』と比べると、とっても短いし『明治』よりも短いが『大正』よりは長かった『平成』。

この『平成』の世も、あと1年となりました。

平成』時代は、滑り出しは絶好調だったけれども、次第に閉塞感に包まれ今は。。。
(政治も経済も、ジェットコースターの様な時代だった。バブル経済⇒失われた10年⇒BRICs台頭⇒世界同時不況など。)

新しい時代はどの様になるのだろうか。

«大型高速バス・大事故から6年

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31